あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


損害保険(責任賠償保険:便利屋保険)に入っていても・・・


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業



    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    あなたは、便利屋の仕事をしていて、
    お客さまの大切なものを壊したり
    傷をつけてしまったときのために、


    損害保険(責任賠償保険)に
    加入していますか?




    正直言って、
    便利屋の仕事は何が起こるかわからない。


    なので、この手の保険には
    加入しておいたほうが安心です。



    そして、もちろん
    保険に加入していることが
    お客さまにとっても安心ですね。



    がしかし・・・



    いくら、
    損害保険に加入していたとしても
    それが、絶対に安心だと、
    言い切れない場合があることを
    知っておく必要があります。




    例えば、対物損害



    あなたが

    お客さまの大切な「骨董品の壺」を
    壊してしまったとします。







    その壺・・・


    お客さまは『100万円した』

    と主張したとします。


    ところが・・・

    保険会社は『1000円』

    と判断する場合が多々あるんです。



    要するに、骨董的価値は
    ほとんどの場合認められない
    ことが多いんですね。



    骨董品のようなものの場合
    お客さまの価値と、保険会社の査定に
    大きな差があります。



    この金額の差額は、
    当然お客さまは激怒するでしょう。



    このような場合、

    自動車保険だと、
    お客さまとあなたとの間に
    弁護士が入り、両方の意見を
    調整してくれるわけですが・・・



    損害保険(責任賠償保険)の場合
    そのような特約がないんですね。



    つまり、
    お客さまと、保険会社との間に
    あなたが入り、調整しなければ
    ならないわけです。




    わたしも、過去に双方の間に挟まれ
    つらい思いをした経験があります。



    なので、損害保険(責任賠償保険)に
    加入しているから、絶対に安心だ!

    とばかりも言ってられないことが
    あるわけです。



    この状況は、本当につらいです。



    ただ、被害者であるお客さまが、


    『出るところに出る!
     (裁判で決着させる)』


    と言った場合・・・



    これは、朗報です!



    この場合、裁判をするのが


    お客さま VS 保険会社


    と言う構図になるから。



    もちろん、あなたも出廷する
    必要があるでしょう。



    でも、裁判に関わる費用などは
    発生することがないので
    安心ですね。



    まあ、もちろんなにもないことに
    越したことはないのですが・・・



    対物の場合、
    こんなトラブルになってしまう
    ことがあることを知っておいたほうが
    良いでしょう。




    こんなトラブルになる事例があっても、
    それでも損害保険(責任賠償保険)に
    加入しておく価値は十分ありますよね。



    最後までお読みいただき有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来ることを
    楽しみにしています。

    コメント
    コメントする