あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


私が便利屋のチラシをまく理由


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    私の記事を見た人から
    よく言われる事があります。



    それは、

    『なぜ、そんなにチラシを
     まく事に、執着するんですか?』


    という事。



    確かに、今の時代
    インターネットが発達し、
    チラシなんかをまかなくても
    仕事を受注する事はできるでしょう。



    そんな時代にあって、
    チラシをまけだなんて・・・

    『時代錯誤というもの
        ではないですか?』


    という事なんですね。



    それでも、私は

    『チラシをまけ!』
    と言います。



    なぜか?


    それは、

    あなたに便利屋で成功してほしいから。



    よく聞く事かも知れませんが、

    独立開業する、起業する、という事は
    そんなに簡単な事ではないんですね。



    誰にも管理されず、
    自分の思い通りに時間を使える。



    これって、一見魅力的ですが
    一歩踏み間違えると、
    負のスパイラルにはまります。




    独立開業する、起業するとは
    こんな甘い事ではできないんですね。



    それは、
    私は初めて独立開業し、失敗した時
    身にしみて感じた事なんです。



    化粧品の販売代理店で
    独立開業した時の事です。



    その当時は、

    ・朝起きる時間は設定しないで
     起きたい時間に起きる。

    ・チラシは新聞折り込みだけ

    ・暇な時間は何もしない・・・



    こんなぬるい生活をしていたため、

    ・体はなまる
    ・やる気は起きない
    ・気持ちも暗くなる・・・







    こんな状態に陥ってしまったんです。



    そして、そんな状態を
    誰もとがめない



    本当に自分の弱さを
    思い知ったわけです。



    そんな、だらけた生活を経験したからこそ

    最初から律した生活をするために

    『暇があったら、チラシをまけ!』

    と言ってしまうわけですね。



    でも、それが正解だと
    最近つくづく感じます。



    なぜならば、
    コロナウイルスの影響で、
    在宅勤務、テレワークが
    急増していますね。



    が、しかし



    今まで、会社の中の人間関係から
    律する事ができていた生活から、

    サボろうと思えば、いくられも
    サボれて、しかも怒られない状況に
    なったサラリーマン、OLたちは・・・



    生産性が落ちたわけです。



    例えば、

    ・下半身パジャマ
    ・勤務時間中の飲酒
    ・孤独を感じる・・・




    そんな状態の方が
    多々いるわけですね。



    なかなか自分を律するのが
    できないわけです。



    いったんそんな
    状態になってしまうと、
    なかなかもとに戻すのは大変!




    今まで以上に大きな力が
    必要になってしまうわけです。



    だからこそ、
    独立開業、起業した一番
    モチベーションの高い状態の時から

    便利屋のチラシをまく事で
    自分自身の生活を律してください。




    つまり、規則正しい生活を
    続けるという事ですね。



    独立開業、起業したら、
    時間は自由です。







    その自由な時間のわなに
    はまらないよう、
    十分気をつけてください!!



    最後までお読みいただき有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

     


    コメント
    コメントする