あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋さん!隣の枝を切ってくれ!


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    梅雨の晴れ間の青空は、
    すっかり夏色になりました。


    あなたはいかがお過ごしですか?



    今日は、次節の挨拶から
    始めてしまいました。



    この季節、
    草は生え、そして木の枝も
    アッという間に伸びてしまいます。




    こんな季節になると
    困った問題が発生するんですね。



    それが、隣との境界線の問題。



    どんな問題か?と言えば
    木の枝が、境界線を超えてしまい
    お隣の家に侵入してしまう。




    これ、結構ありがちな問題です。







    もちろん、一般的には
    木の持ち主の家から依頼があり、
    境界線を超えてしまった枝を切る。


    そんな仕事が多いです。



    この場合、お隣さんと、
    多少仲が悪くても・・・


    作業する立場としては
    それほど居心地は悪くありません。



    しかし・・・



    一番困るのが、
    枝が侵入されている家から
    依頼がある場合。




    その場合、まず間違いなく
    お隣さんとの仲が悪い。



    それでも、
    侵入されて困っている依頼者が
    料金を支払ってくれるなら
    まだ良いんですが・・・



    一番タチが悪いのは、


    『料金は
     隣の家からもらってくれ!』



    という場合。



    これ、本当に困ります。



    なぜなら、料金の交渉に行っても
    隣の家は、絶対に料金を
    払うと言ってくれないから。



    もう、こうなると、
    仕事自体、受注する事が出来ません。



    すると、行くだけ無駄ですね。



    なので、

    「隣の家の枝を切ってくれ!」

    というような依頼の場合は

    電話で、十分に話を聞いて
    問題がない場合に限り
    見積もりなどを受けるようにしましょう!!




    ご近所トラブルに、
    巻き込まれないのが一番です。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

     


    コメント
    コメントする