あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

熱狂的なファンを大量生産し

喜ばれながらお金を稼ぐ秘訣とは?

お客様があなたに対しお金を払うことが、義務だと感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


この酷暑を乗り切るために


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業



    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    暑い!



    本当に暑いですね。




    2日前、私の住んでいる隣の町の
    「青梅市」は、日本で2番めに暑い
    気温が記録されたようです。







    本当に今年の夏は暑いですね。



    しかし、私たち便利屋は
    こんな暑い日の炎天下でも
    仕事をする必要がある。



    これは避けられない宿命ですよね。



    だからといって、
    ただ闇雲にやればいいか?
    と言うと、さすがに能がない



    やはり、

    いかに楽に、体力を温存しながら
    仕事をするか?




    を考えながら、仕事をする
    必要があるわけですね。



    そうしないと、
    夏バテになってしまいます。



    何と言っても、
    夏はまだ始まったばかり。



    これからが、夏本番ですから。



    では、どうやって楽に
    仕事をすれば良いのか?



    それは、その現場によって
    臨機応変に対しないと
    ならないのです。



    しかし、いくつかの
    共通する効率化があるので
    ちょっとした方法をお伝えします。



    ●涼しい作業服を着る

    最近は、ワークマンなどで
    涼しい服が売られています。


    これは、汗を速やかに蒸発して
    その気化熱で体を冷やすという
    作業服です。


    これ、着てみるとわかるんですが
    本当に涼しい。


    汗をかけばかくほど涼しくなる。


    もしあなたが、普通の作業服を
    まだきているのだとしたら、
    本当に厳しい。


    おすすめの一着です。


    しかも、値段も1,000円程度なので
    買わない手はありませんね。



    ●作業は、日陰から行う

    例えば、草むしりの場合
    区切りの良いところから
    始めたいもの。


    正直、端っこから始めたいですよね。


    私も、普段の日であれば
    そうします。


    しかし、酷暑の日は
    このやり方を変えます。


    とにかく、日陰から始める。


    なぜならば、日が高くなって行くと
    日陰ななくなってしまう。


    なので、日陰があるうちは
    日陰で体力を温存するわけです。


    なので、酷暑の日は
    作業方法や作業手順を
    ちょっと変えて見ましょう。



    ●工具を揃える

    例えば、草刈りで散らかった草を
    綺麗に集める時、
    アスファルトの上の草を
    ほうきで掃くのは本当に大変。


    アスファルトの凸凹に草が入り
    本当に掃きづらい。


    それが、ブロアーを使うと
    あっという間に綺麗に
    なってしまいます。



    ほうきで掃くのに比べて
    5分の1の時間で終わってしまいます。



    そうすれば、体力の消耗は
    防ぐ事ができますよね。


    なので、機器を揃える事も
    時間短縮、体力温存の
    強い味方になります。


    そして、機器を使う分


    「機損料」と言う
    機器使用量を頂けば
    時間を短縮しても料金は同じに
    頂く事ができます。


    なので、機械を有効的に活用して
    効率的な仕事をしましょう。



    ざっと、3点ばかり
    紹介しましたが、
    どれも、楽ができるはずです。



    ぜひ、参考にして下さいね。



    お互いに、この酷暑を
    乗り越えて行きましょう!!




    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

    コメント
    コメントする