あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

熱狂的なファンを大量生産し

喜ばれながらお金を稼ぐ秘訣とは?

お客様があなたに対しお金を払うことが、義務だと感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


バイクでコケました


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    前回まで、
    共感のテンプレートでの
    せ件・事故・事実を
    お伝えしてきました。



    そして、その
    せ件・事故・事実を
    書いたり、話したりするのに


    「追体験」が重要だと
    お伝えしましたね。




    で、今日は「追体験」とは
    なんだ?についてお伝えします。



    「追体験」を国語辞典で
    調べてみると



    追体験とは、作者の体験と
    同様の体験を読者がする事をいう。
    ふつうは作品を読み込んで解釈し、
    作者の体験をシミュレート
    する事をいう



    となっているのですが・・・


    良く分かりませんね。



    なので、具体的に見ていきますね。



    これから、2つの同じ内容の
    事件をお伝えします。



    話の内容は、
    「ツーリングで命びろいした話」です。








    例1

    「日常」
    先日、山道にツーリングに行きました。
    かなりの山道で、テクニックを試すには
    とても面白い場所です。


    「事件」
    しかし、コーナーのきついところで
    コケてしまいました。


    「非日常」
    対向車線に身体が流れ、対向車が
    迫ってきます


    「解決」
    対向車が急ブレーキを書け
    事故にならずに済みました。



    このストーリーは
    せ件・事故・事実の
    テンプレート通りの展開です、



    あなたはどう感じましたか?



    正直、
    あまり面白くありませんよね




    でもこの話・・・うまく話せば
    とても面白いはずです。



    しかし、私が初めてその話を
    した時・・・



    全然受けませんでした。



    なぜだと思いますか?



    実は、この物語だと

    読む人、や聞く人が
    「追体験」が出来ないんですね。



    で、この文章を
    「追体験」できるように
    書き換えると・・・



    どうなるかは、
    明日のお楽しみ。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

     


    コメント
    コメントする