あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


国際基準な便利屋になれ!


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業



    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    あなたが、便利屋を開業する
    あるいは、便利屋を開業しているなら
    国際基準の便利屋になって下さい。








    国際規格の便利屋と言うと
    英語が話せる事ですか?

    と思うかもしれませんが、
    それは違います。



    もちろん、英語が話せる事が
    出来るので有れば、
    それはとてもすばらしいです。



    しかし、英語は一長一短に
    身につくものでは有りませんね。



    で、今日はどちらかと言うと、
    人間として、国際規格に
    なりましょうという話です。




    例えば、あなたが
    ファミレスに入ったとします。



    そうすると、ほとんどの場合
    ウエイトレスさんが、水を
    持ってきてくれます。



    その時、
    あなたはどうしてますか?



    あまりにも当たり前の
    事なので、そのまま何も
    リアクションを起こしませんか?



    私が観察している限り
    ほとんどの方が、
    何もリアクションしません。



    これが、日本規格。



    まあ、日本で暮らす分には
    全く問題が有りませんが・・・



    でも、あなたが便利屋なら、
    国際規格の人間になりませんか?



    では、国際規格の人間は
    ウエイトレスさんが水を
    持ってきた時、どうするのか?



    それは、簡単です。



    ウエイトレスさんに、

    『有り難う!』と言うだけ。



    簡単でしょ。



    これは、サービスに対する
    考え方の違いからくるもの。



    日本規格の人は、
    サービスは当たり前と考えている。


    それに対して


    国際規格の人は、
    サービスにはコストが
    掛かっていると考えている。




    だからこそ、
    海外では、「チップ」と言う
    文化が根づいているんですね。



    はい、私達便利屋も
    サービスを提供して対価を
    頂いています。



    だからこそ、

    『サービスには
     コストが掛かっている』


    という事を自覚するために


    サービスを受けた時には

    『有り難う』と言って
    感謝の気持ちを伝えましょう。




    あなたも、
    国際規格の便利屋に
    なって下さいね。



    最後までお読み頂き有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来る事を
    楽しみにしています。

    | 1/43PAGES | >>