あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋さん「〇〇」を「●●」してください


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    お客さまの依頼を受けたとき、
    基本的には、


    『〇〇を●●してください』


    というような指示を受けますよね。



    例えば、

    ・キッチンをクリーニングしてください。
    ・庭の草をむしってください。
    ・水道の水漏れを修理してください・・・




    もちろん、実際の指示は
    もう少し複雑で、具体的ですが。



    そのような指示を受けたとき、
    あなたは、何とお答えをしてますか?



    実は私・・・



    便利屋を開業した当時、
    その受け答えで大失敗を
    してしまったんです。



    というのは、



    お客さまから、

    『この場所以外の草を
     全部刈り取ってください』


    と支持を受けました。



    そして、私は元気良く

    『わかりました!』

    と言って作業したんですね。



    ところが・・・



    私は、お客さまが

    『草を全部刈り取ってください』

    と聞いてしまっていたんです。







    なので、
    草を全部刈り取ってしまったんですね。



    しかし、実際お客さまが指示したことは


    『この場所以外の草を
     全部刈り取ってください』




    でしたよね。



    で、お客さまが指示していた、
    「この場所以外」の「この場所」には、
    ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー
    の高価な果物が植えてあったんです!!



    結果、それらの果物の苗を
    弁償したんですが、


    損害保険も適用されず、
    約10万円の損失を
    出してしまったんです。



    めちゃくちゃ痛かったです。



    では、どのようにすれば、
    こんな痛い目に会わずに住んだのか?



    それは、確認することが
    必要だったわけですね。



    お客さまが、

    『この場所以外の草を
     全部刈り取ってください』


    と言ったとき、私が、

    『草を全部刈り取るんですね』


    と言ったなら、お客さまは

    『いいえ、この場所以外全部です』



    と言い直してくれたことでしょう。



    そうすれば、こんなことには
    ならずに住んだわけですね。



    なので、お客さまの指示に対しては、

    お客さまの指示を反復して、
    再確認することが重要ですね。




    お客さまの指示を再確認する。



    基本中の基本ですが、
    忘れないようにしてくださいね。



    最後までお読みいただき有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来ることを
    楽しみにしています。

     


    便利屋は、確認が大切


    0

      JUGEMテーマ:独立開業・起業



      こんにちは。
      便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
      相川 法明です。



      いや〜〜〜ぁ



      ひさしぶりに失敗してしまいました。



      かなりショックです。



      今回のこの失敗、
      前日の電話1本入れておくだけで
      防ぐことができた失敗だけに


      めちゃくちゃ悔しい。



      やはり、人任せにしないことが
      本当に大切ですね。



      で、一体何が有ったのか?



      実は先日、お客さまから
      壁紙張り替えの依頼を受けたんです。



      で、私はその場で職人さんと連絡を取り、
      見積もりをしてもらうことに。



      そこで、お客さまと日程の調整を
      してもらうために、
      お客さまと職人さんに直接電話で
      話してもらうことにしたんです。



      結果、お客さまと職人さんの
      都合のいい日は、
      私がすでに仕事の入っている日。



      なので、見積もり当日は、
      職人さんに任せることにしたんです。



      さて、見積もり当日。



      私が別の現場で仕事をしていると
      リフォームの見積もりを約束していた
      お客さまから電話が・・・



      私はてっきり、

      「見積もりが終わった」

      という電話だと思っていたんですね。




      が・・・



      『職人さん、まだ来ないんだけど!』



      いや〜ぁ、困りました・・・



      で、職人さんに電話をかけると・・・



      忘れてました!



      結局子の話は流れてしまい・・・



      ショックです!!



      考えてみれば、
      もし、私が前日にその職人さんに
      連絡を取っていれば、
      伏せくことができたでしょう。




      だからこそ、
      余計に悔しいんですね。



      たった1本、1分でできる電話を
      怠ってしまったがゆえの失態。



      こんな失敗をしないように、
      常にスケジュール管理をして、
      他人に、任せきりにすると
      痛い目に会うことを実感しました。



      便利屋は、常に確認が必要ですね。







      最後までお読みいただき有り難う御座いました。

      あなたと、直接お会いできる日が来ることを
      楽しみにしています。

      思いっきり、恥を晒してしまいました


      0

        JUGEMテーマ:独立開業・起業

         


        こんにちは。
        便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
        相川 法明です。



        恥ずかしいです!



        まりの恥ずかしさに、
        家に引きこもり、

        こんな記事なんかも一切書かず

        あなたの前から姿を消したいです。



        普段、上から目線の記事が多いだけに
        こんな恥をさらしてしまって、
        もう、誰にも会いたくありません。




        今私は、日本中の
        笑いものになっているでしょう。



        いや〜ぁ、知らないというのは
        本当に恐ろしいことです。



        そして、間違っていることを
        知らないがゆえに、

        本当に堂々としている!


        だから、余計に恥ずかしい。







        実は・・・



        最近、ご存じの方も多いと思いますが、

        YouTubeを配信しています。

        https://www.youtube.com/
        channel/UCX2YzpSRR_h9iqX_OJHZbSQ




        その中で、コロナウイルスの話を
        何度化しているんです。



        実は、その中の一つを
        間違った読み方をしていたんです(汗)



        その言葉とは・・・



        『コロナ禍』



        はい、そうですね。

        「ころなか」が正解ですよね。



        が、しかし・・・



        その『コロナ禍』を

        まあ、堂々と・・・



        「ころなうず」と言ってるんです!!



        いや〜ぁ、本当に
        恥ずかしげもなく、堂々と。



        「間違っていることすら知らない」
        ことが、間違っていると知った時、
        本当に引きこもりたくなるほど
        恥ずかしい。




        あなたも、そんな勘違い・・・



        十分注意しましょうね。



        最後までお読みいただき有り難う御座いました。

        あなたと、直接お会いできる日が来ることを
        楽しみにしています。

         


        便利屋さんからもらったスズメバチの巣から・・・


        0

          JUGEMテーマ:独立開業・起業

           


          こんにちは。
          便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
          相川 法明です。



          だんだんと暖かくなってきましたね。



          すると、
          そろそろ依頼が出てくるのが
          蜂の巣の駆除。




          蜂の巣の駆除には
          危険がつきもの。



          そこで、
          蜂の巣を駆除するための方法を
          動画にしてみました。

          https://youtu.be/aDjcF_k8Bsk



          見た方もあるかと思いますが、
          参考にしてくださいね。



          で、これからが、今日の本題



          スズメバチの巣というのは
          「人を呼ぶ」と言う縁起物。

           

           

           




          『もしスズメバチの巣が
           手に入ったら持ってきて』



          と欲しがる方がいらっしゃるんですね。



          どのみち、
          ただで手に入るものだから
          気軽に『良いですよ』と
          言ってしまいがち。



          でも、その取ってきた蜂の巣を
          人に上げる時には、
          注意が必要です。




          数年前、私は見事にきれいな状態で
          スズメバチの巣をゲットしました。



          撮ったその日のうちに、
          スズメバチの巣を差し上げたんです。



          そしたら、
          その方は大喜び!



          すぐに、家のリビングに、
          私が持ってきたスズメバチの巣を
          飾ってくれんたんですね。



          が・・・



          数日後



          電話が掛かってきて・・・



          『相川さん!・・・・』



          『ヤバいです!・・・・』



          『スズメバチの巣から・・・』



          『蜂が出てきました・・・
           助けて・・・』




          と。



          やらかしちゃいました。



          実は、スズメバチの成虫は、
          殺虫剤に弱いので、
          全滅していたんですが・・・



          蛹(さなぎ)はまだ
          生きていたんですね!!




          結果、数日後に蛹(さなぎ)から羽化した
          成虫が巣から出てきたというわけ。



          なので、スズメバチの巣は
          すぐに差し上げてはだめなんです!




          あなたも、スズメバチの巣を
          プレゼントする時には、
          十分注意して、数日おいてから
          差し上げるようにしてくださいね。



          その時は、お客さまが
          蜂に刺されず、良かったです。



          最後までお読みいただき有り難う御座いました。

          あなたと、直接お会いできる日が来る事を
          楽しみにしています。

           


          便利屋のチラシをここに入れないでください


          0

            JUGEMテーマ:独立開業・起業

             


            こんにちは。
            便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
            相川 法明です。



            「チラシを入れるな!」



            よく、
            ポストに書いてある言葉です。



            あなたなら、こんなポストに
            あなたのお店の
            チラシを入れますか?



            正直言うと、私は入れてました。



            で、苦情の電話が来たのか?
            と言うと・・・



            ほとんど来た事がありません。



            なので、今でも安心して
            そんな事が書いてあるポストにも
            チラシを入れています。



            そうすると、

            『でも、万が一苦情の電話が
            来てしまったら、
            どうすれば良いんですか?』


            という声が聞こえてきそうです。



            そんな時には、



            『申し訳ございません。
            「業者」に申し伝えておきます』



            と言えばいいだけです。



            なので、安心してくださいね。



            がしかし・・・



            実は、こんな事があったんです。



            そこは、街の小さな郵便局



            この郵便局、何と!


            郵便局なので、
            発送用のポストはあるのに、

            なぜか、
            受けるためのポストがない!



            この日は、日曜日だったので
            その郵便局は定休日だったので、
            シャッターが閉まっていたんですね。







            そこで、
            シャッターの隙間から、
            チラシを強引に入れ込んだんです。



            そして、なんとかチラシを
            押し込んだんです。



            その後、特に何もなく
            月日は流れ・・・



            しばらくして、その郵便局に
            再びチラシをまきに行った時・・・



            この日も郵便局の営業時間外



            シャッターが
            閉まっていたんですね。



            すると、シャッターに
            張り紙が・・・



            『セコムが動作してしまうので
             チラシを無理やり
             入れないでください!』




            と書いてあったんです!!



            こんな事までして、
            チラシを入れるのは
            私ぐらいしかいません。



            という事は・・・



            前回入れたチラシのせいで
            セコムが動作してしまい、
            セコムの方が巡回してきた


            という事ですね・・・



            これ、苦情が来ても
            文句が言えませんよね。



            いや〜ぁ、良かったです。



            さすがにその張り紙を見たら、
            チラシを入れる事が
            できませんでした。




            この張り紙こそ、

            私が唯一チラシを入れる
            事ができなかった
            張り紙です!



            最後までお読みいただき有り難う御座いました。

            あなたと、直接お会いできる日が来る事を
            楽しみにしています。

             


            | 1/13PAGES | >>