あんしん屋




カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

日本ブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

お問い合わせ

カテゴリー

アーカイブ

お客様から感謝されながら

あなたに頼み続ける秘訣とは?


お客様があなたに対し『いつまでも仕事をお願いしたい!』と感じるほどに
「便利屋センス」をアップさせるメールマガジンはこちら
* は必須入力です。
便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会 メールマガジン登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*


便利屋成功の肝は〇〇から


0

    JUGEMテーマ:独立開業・起業

     


    こんにちは。
    便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
    相川 法明です。



    最近、いろいろな方から
    悩みをいたきます。



    その多くは、


    「お金が足りない」







    と言うもの。



    結局、


    お金が足りないから・・・

    ・チラシを作れない
    ・アルバイトするしかない
    ・やめようと考えている



    などなど。



    で、こういう方に、

    『どのような計画を立てたのですか?』

    と言う質問をすると、
    大抵


    『・・・計画ですか?』



    という感じ。



    つまり、
    なんの計画も立てず、
    いきなり便利屋を
    始めちゃうんですね。




    そして、
    1カ月目から、
    100万円以上の売り上げが
    あると考えている。



    で、現実まずこんなことは
    あり得ないので
    お金が足りなくなる。



    集客ができなくなる。

    仕事が来ない

    アルバイトするしかなくなる

    集客ができない

    仕事が来ない・・・



    と言う悪循環に陥るわけです。



    確かに、便利屋というのは
    参入障壁は低い。



    だからといって、
    なんの計画もなく
    便利屋を初めたら、

    失敗するのは目に見えています。



    なので、便利屋で成功するためには、
    きっちりとした計画を立てること。


    これに尽きます。



    なので、面倒くさがらず、
    自分自身が考えている便利屋について、
    計画書(ビジネスプラン)を
    作成してください。



    この計画書が
    あなたの羅針盤になります。




    そして、このプランに沿って
    開業準備をし、開業すれば、

    「お金がない」ということは
    起きないでしょう。



    いきあたりばったりの
    開業ではなく

    計画性をある
    開業をしてくださいね。




    便利屋成功の肝は、

    計画からです!!



    そして、今
    お金で困っているのだとしたら

    今からでも遅くはありません。



    自分の便利屋を立て直すための
    計画を練ってください。



    せっかく自分で開業した便利屋です。



    生き残るための計画を
    自分自身で考えましょう!!




    最後までお読みいただき有り難う御座いました。

    あなたと、直接お会いできる日が来ることを
    楽しみにしています。

     


    便利屋開業で成功のためには、まず○○しろ!


    0

      JUGEMテーマ:独立開業・起業

       


      こんにちは。
      便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
      相川 法明です。



      あなたは、
      便利屋の開業準備に向けて
      今、どんなことをしていますか?




      もちろん、
      便利屋を開業するための
      さまざまな勉強を
      していることでしょう。



      で、その中には、
      ワークを必要とするパートも
      有りますよね。



      例えば、

      ・あなたの夢を書きましょう!

      ・あなたが、〇〇したい
       理由を書きましょう

      ・現状を書きましょう



      と言うもの。



      で、このようなワークって
      書くのがめんどくさいですよね。



      で、結局

      『自分の頭の中に、
       ちゃんと入っているから
       わざわざ書かなくても、大丈夫!』



      などと言い訳をして、
      結局書かないことが
      多くありませんか?



      私のそんな1人でした。



      まさに、私が初めて独立した時、

      ほとんどのワークを飛ばし、
      読んだだけで分かったつもりに
      成っていたんですね。


      結果、
      ・自分が何をすべきなのか?
      ・今大切なことが何なのか?
      ・何を目指していたのか?


      がすべて、ブレました。



      その結果、失敗。



      その失敗の反省から
      2度めの挑戦が有ったわけです。



      そして、2度めの挑戦では、
      20数年間、
      続けることができています。



      その理由は、1にも2にも、


      書く







      と言うこと。



      つまり、成功の秘訣は

      書く

      ことに有るんですね。



      ・ワークをきちんと書く!
      ・本を読んだら、重要事項を書く!
      ・動画を見たら、大切なところを書く!




      ハイ、書くことなんです。



      読んだだけ、聞いただけ、
      見ただけでは、身につきません。



      とにかく、書いてください。



      なので、私は便利屋を始める時

      書いて、書いて、書きまくりました。



      そして、その時のノートは
      今でも残っています。



      そして、時々見直して
      初心に戻っています。



      なので、あなたが便利屋開業を
      目指しているのであれば、

      書く

      ことを実践してください。



      書けば、成功します!!



      最後までお読みいただき有り難う御座いました。

      あなたと、直接お会いできる日が来ることを
      楽しみにしています。

       


      便利屋フランチャイズと言う選択肢


      0

        JUGEMテーマ:独立開業・起業



        こんにちは。
        便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
        相川 法明です。



        『便利屋のフランチャイズに加盟して
         便利屋を開業したいんですけど
         フランチャイズって、どうですか?』




        と言う質問を受けることがあります。



        正直言うと、私もフランチャイズで
        便利屋を開業しました。



        そして、10年ほど
        加盟していたんですが・・・



        フランチャイズ内で内乱が起き
        その内乱の影響を受けて
        フランチャイズを退会


        現在に至るわけです。



        なので、
        フランチャイズの
        メリットとデメリット
        両方を経験しています。




        で、フランチャイズでの私の経験を
        お伝えしますね。







        私がフランチャイズに加盟して
        良かったと思える点は



        ・約1カ月に及ぶ研修で安心して
         便利屋を開業できた。

        ・集客のやり方を知ることができた

        ・経営の基礎を学べた。




        という点です。



        独立開業をすると言う
        右も左も分からない自分にとって
        それは本当に有り難かったです。



        がしかし・・・



        フランチャイズは、
        良いところばかりでは
        なかったんですね。



        ・加盟するのに、
         メチャクチャお金が必要


        私がフランチャイズに加盟した時は、
        加盟金・研修費・資機材費などで
        300万円必要だったんです!!



        ・月々のロイヤリティーが利益を圧迫

        経営指導料・看板使用料などと言う
        ロイヤリティー(上納金)70,000円を
        毎月支払わなければならなかった



        ・本部の指導が、稚拙

        確かに開業当時は、有り難かった
        本部からの指導でしたが・・・

        指導員は、しょせんサラリーマン

        便利屋経営の経験者ではないんです。

        なので、通り一遍等の助言しかできず
        経験を積むごとに、そのあまりの稚拙さに
        へきえきとしてくる。



        ・経営に自由度がない

        フランチャイズは、

        ・統一されたイメージ
        ・統一された料金
        ・統一された品質

        という三原則があるんですね。


        なので、自分の店の独自性を
        出すことができません。



        ・ユニホーム、備品、消耗品が高い。

        FCの三原則により、ユニホーム、
        領収書などの備品、
        器具、工具、洗剤など、
        本部から購入必要がある。


        それが、結構高い。



        ・フランチャイズを退会したら、
         しばらくは便利屋をできない



        私の契約書では、1年間は
        競合禁止期間があったんです。

        最近では、3年になっているようです。



        ・フランチャイズ大会後は
         同じ電話番号を使えない


        フリーダイヤルの番号が
        本部からのレンタルだったりします。

        なので、今まで利用していた
        フリーダイヤルの番号が使えなく
        なってしまいます。



        まあ、ざっと言って
        このようなデメリットがあるんですね。



        いかがでしょうか?



        フランチャイズ加盟には
        メリットとデメリットが
        あります。



        もちろん選ぶのはあなた自身。



        あなたは、どうしますか?



        最後までお読みいただき有り難う御座いました。

        あなたと、直接お会いできる日が来ることを
        楽しみにしています。

        便利屋開業を目指すあなたが、副業を始める前に


        0

          JUGEMテーマ:独立開業・起業

           


          こんにちは。
          便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
          相川 法明です。



          最近の働き方改革の中で、
          副業をすることが
          できるようになりましたね。




          この意味は、取りも直さず、

          サラリーマンの給料を会社が
          満足に支払うことができなくなった。



          そういう意味もあるんでしょうね。



          ということで、最近のサラリーマンの
          旧雨量は低くなってきているわけです。



          そこへ来て、コロナ禍でダブルパンチ!!



          給料から、便利屋開業に向けた
          資金を作ろうと考えていても
          なかなか、捻出するのが
          難しくなってきています。



          そこで、副業をするという
          選択肢が出てくるわけですよね。








          で、問題なのが、

          どんな副業をすればいいのか?


          と言うことです。



          例えば、あなたの仕事が
          基本的に昼間の仕事だとします。



          すると、副業をするとしたら
          夜しかないわけですよね。



          副業と言ってもいろいろあります。



          手っ取り早くするには
          アルバイトを探すということになる。



          その時、どんなアルバイトでも
          いいのか?



          というのが問題。



          例えば、あなたが、
          レストランでの調理室の仕事
          を選んだとします。



          すると、アルバイトした文の
          お金は支給されますが・・・



          残念ながら、便利屋で独立開業を
          目指しているあなたにとって、
          役立つことは少ないですよね。




          これでは、非常にもったいない。



          どうせなら、あなたが便利屋として
          独立解消する時に、役に立つような
          作業内容を選択したほうが良いわけです。



          例えば、
          レストランで働くのであれば、
          接客の仕事のほうが良いわけです。



          便利屋も、接客業ですから。



          もちろん、便利屋の作業に直結する
          アルバイトがあれば、
          これに越したことはありませんね。




          ということで、便利屋開業を
          目指しているあなたが、
          開業資金調達のために
          副業を始めるのであれば、


          便利屋として開業した時に
          あなたのスキルアップに
          直接つながるような副業を
          選択しましょう!!




          そうすれば、働く意欲も湧いてきて
          一挙両得ですね。



          最後までお読みいただき有り難う御座いました。

          あなたと、直接お会いできる日が来ることを
          楽しみにしています。

           


          便利屋開業で、一番の敵を攻略するためには?


          0

            JUGEMテーマ:独立開業・起業

             


            こんにちは。
            便利屋開業でガツンと稼ぐ実践研究会
            相川 法明です。



            あなたが本気で便利屋開業を
            考えているのであれば、
            たとえどんな逆境であっても・・・




            便利屋について何も知らなくても
            お金がなくても、
            家族が反対していても



            便利屋として一人前になり、
            便利屋として成功するとこが
            できるでしょう。



            とは言え、
            便利屋の知識があったほうが良いし、
            お金も準備しているほうが良い。



            そして、何よりも

            あなたの一番身近な存在である
            家族の理解があったほうが良い




            そうすれば、家族の誰かに

            ・資金の援助をしてもらう
            ・仕事の応援をしてもらう
            ・経理帳簿処理をしてもらう



            そういったことを
            してもらえるわけです。



            有り難いですよね。



            なので、家族の協力は
            ぜひ取り付けたいところです。



            そのためには、
            自分だけで突っ走らず、
            家族とよく話し合い、
            家族の協力を得ること。



            実は、
            家族の協力を取り付けることが
            便利屋を開業して成功するための

            一番の近道です。








            がしかし・・・


            家族の理解・協力を得る。



            これって、結構難しい。



            何しろ、家族にとっては、
            生活そのものが掛かっているわけです。



            『お金がない』と言いながらも
            今の生活を手放したくないもの。




            だからこそ、
            あなたの誠意を見せないと
            協力を得ることは難しいでしょう。



            あなたの誠意を見せるためには、
            便利屋を開業するにあたっての
            しっかりとした計画。



            ハイ、しっかりとした計画です。



            銀行から融資を受けるのと
            同じですね。



            つまり、
            あなたがなぜ便利屋を開業すると
            利益を得ることができるのか?



            そのことをきちんと説明する。



            これが大切ですね。



            なので、
            開業計画書というのは
            融資を受けるためだけに
            書くものではないんですね。




            ぜひ、開業計画書を書いて

            家族にも計画を丁寧に説明して


            あなたが便利屋を
            開業することについて


            理解と協力を得てください。



            そうすれば、
            便利屋開業での成功は
            手に入れたようなものです。



            最後までお読みいただき有り難う御座いました。

            あなたと、直接お会いできる日が来ることを
            楽しみにしています。

             


            | 1/8PAGES | >>